東山動植物園 最新情報

コアラが繁殖のために来園します

コアラの繁殖に取り組むために、多摩動物公園から雌1頭がブリーディングローンで来園しますので、お知らせします。

1 来園するコアラ
  (1)名 前  ミライ
  (2)性 別  メス
  (3)年 齢  8歳(2008年10月25日多摩動物公園生まれ)

2 来園予定日
  平成29年9月25日(月) 
 ※ 来園日は、事情により変更となる場合があります。変更となった場合は、改めてお知らせします。

3 一般公開予定日 
  平成29年10月3日(火)
 ※ 一般公開日は、コアラの体調等により変更する場合があります。変更する場合は、改めてお知らせします。
  
■東山動植物園のコアラ飼育頭数
 現在、今回来園する個体を除き7頭(オス3頭、メス4頭)を飼育しています。

■国内のコアラ飼育数(2016年12月末)
 8園で42頭(雄17頭、雌23頭、性別不明2頭)

■コアラについて
・分類:有袋目コアラ科
・オーストラリア北東部のユーカリ林に生息し、ユーカリしか食べません。2016年に国際自然保護連合(IUCN)が絶滅危惧種<VU(絶滅危惧Ⅱ類)>に指定しました。日本では1984年から飼育されています。
・鋭く丈夫な爪でたくみに木を移動して、一日の大半を樹上で暮らします。メスは出産した子供をおなかの袋で育てます。寿命は12~13年です。



              ミライ(写真提供:多摩動物公園)


「平成29年度 長寿動物を祝う会」を開催します

敬老の日の9月18日(月・祝)に、動物園における長寿動物の表彰を行います!
この「長寿動物を祝う会」は今年で27回目で、今年の動物はオオアリクイの「アント」です。
みなさま是非お祝いしてあげてください。

(1)日時
平成29年9月18日(月・祝)10時30分から(荒天の場合は中止)

(2)場所
動物園 北園 オオアリクイ舎前

(3)表彰動物のオオアリクイについて
●性別   オス
●愛称   アント
●年齢   24歳
●生年月日 1993年1月31日(アメリカ合衆国生まれ)
●来園日  1993年8月7日



【参 考】
◆オオアリクイについて
中央アメリカから南アメリカにかけて分布し、単独で生活しています。
体長1.2m、尾長0.9m、体重40~50kg、草原の蟻塚を見つけると、長い前肢の爪で塚を壊し、60cmにも及ぶ長い舌を素早く動かしてアリを食べます。舌は1分間に150回も出し入れできます。
1年中繁殖し、妊娠期間は約190日、1回の出産で生まれる子の数は1頭です。赤ちゃんは生後7カ月前後まで母親の背に乗って移動します。寿命は、飼育下で25年程度(野生下は不明)です。
生息環境破壊のため、絶滅危惧種に指定されています。


「平成29年度 動物慰霊祭」を開催します

東山動植物園において、過去1年間に死亡した動物たちの霊を慰める「動物慰霊祭」を9月23日(土・祝)行います。
献花用の花を用意いたしますので、追悼の辞ののち来園者の皆さまにも献花をしていただくことができます。

(1)日時
平成29年9月23日(土・祝) 11時から(雨天決行)

(2)場所
動物園 本園 動物慰霊碑前(雨天時は動物会館)


【募集】秋の親子どうぶつ講座(9/12~)

動物園をフィールドに、生物多様性の大切さや自然との共生について楽しく学ぶ人気講座「秋の親子どうぶつ講座」を今年も開催します。
各回違う動物をテーマに、飼育担当者がレクチャーを交えながら具体的な知識を深めていきます。
多くの皆様の参加をお待ちしております。
※ご好評につきすべての講座が定員に達しました。たくさんのご応募ありがとうございました。


【日 程】
(1)平成29年10月7日(土)【受付は終了しました】
「動物のレストラン」
各種動物たちの餌について学び、あわせて食物連鎖、生物の多様性について学びます。飼育員のお話を聞きながら、「飼料室」を見学します。

(2)平成29年10月9日(月祝)【受付は終了しました】
「動物の獣医さん」
動物園の獣医は、小さなカエルから大きなゾウまで、また猛獣のライオンなど色々な動物を診ています。そんな獣医の仕事を紹介します。

(3)平成29年10月14日(土)【受付は終了しました】
「メダカ講座」
かつてはどこでも見られたメダカも、現在は絶滅危惧種に指定されています。その生態を知り、自然環境への理解を深めます。

(4)平成29年10月21日(土)【受付は終了しました】
「比べてみよう!アシカとアザラシ」
アシカとアザラシの違いを知っていますか?どちらも、分類上は体にヒレを持つ、鰭脚目(ききゃくもく)の仲間です。でも、寒い海域に生息するアザラシと暖かい海域に生息するアシカでは大きな違いがあります。この講座では、本物の動物を観察しながら比較することで、疑問を解決します。

(5)平成29年10月28日(土)【受付は終了しました】
「アフリカゾウのトレーニング講座」
飼育係員が日常で行っている「ゾウのトレーニング」は何か、またゾウの能力について学びます。飼育員のお話を聞きながら、「ゾウ舎」を見学します。

(6)平成29年11月11日(土)【受付は終了しました】
「アメリカ大陸なるほどツアー」
南北アメリカに生息し、絶滅が心配されている動物を紹介します。体のつくりや餌を食べているところを観察しながら、動物たちが生息しているアメリカの環境問題について考えてもらう講座です。

(7)平成29年11月18日(土)【受付は終了しました】
「ツシマヤマネコを守る」
国の天然記念物で長崎県の対馬に生息するツシマヤマネコは、絶滅が危惧されています。ツシマヤマネコを守っていくために、現状と動物園での取り組みについて解説をします。


【開催時間】
午後2時 ~
※講座の時間は、1時間程度となります。


【対 象】
小学生・中学生と保護者または友人(2人1組で応募)
※2人1組で各回12組24名限定(先着制)
※「動物の獣医さん」のみ50組100名(先着制)


【参加費】
無 料(但し、高校生以上の方は、入園料が必要です。)


【応募方法】
申込開始日時:平成29年9月12日(火) 午前9時~
申込方法:電話、FAXで下記連絡先へご連絡ください。


【記載事項】
参加希望講座名、参加者氏名・住所・学年(小中学生の方)・電話番号


【連絡先】
電話:052-782-2111(月曜日休み) FAX:052-782-2140


【応募締切】
応募締切日:開催日の前日まで 
※先着順となりますので、定員になり次第終了いたします。



【お知らせ】夏休み子ども講座(千種図書館とコラボ)

千種図書館とコラボレーション企画で夏休み子ども講座「ヒグマと北海道のなかまたち」を実施いたします。

日  時:8月22日(火曜日) 13:30~14:30
場  所:千種図書館1階 集会室
講  師:東山動植物園 小林 隆志 飼育員 と 千種図書館司書
対  象:一般(小学生~)
定  員:30名
申  込:不要。当日、先着順。
※ 手話通訳・要約筆記あり。
※ 詳細は下記の画像にてご確認をお願いします。