東山動植物園 最新情報

【募集】大人のための動物講座(1/11~)

 動物園をフィールドとして、野生動物などをテーマに、飼育員のお話や実習を通じて、生物多様性の大切さや自然との共生について、楽しく学ぶことを目的とした環境教育プログラムです。


【日 程】
(1)「動物からの拡張イメージ ~ヒト的動物、動物的ヒト~」(座学)
日にち:平成30年1月27日(土)
概要:人はヒト以外の動物と比べ特別な存在なのか。しばしば人は自らをもっとも「優秀な生き物」のように思う。しかし、最近急激に理解が進んだ知見によれば、人に似ているところが動物にいるという見方ではなく、ヒトがむしろ動物としての制限の中で結局は動物として生きているに過ぎないという見方ができるかのように思える。
ヒトにどれだけ似ているのかという従来の動物の見方とは逆に、動物がいかにヒト独自だと思われていた性質を持っているのかを見ることで、動物の中の“人間性”について捉え直す。これにより階層の頂点に立つという人のイメージを捨て、人はヒトとして他の動物と横並びにいるに過ぎないという視点を考えたい。また、これにより動物園で生活する動物に向けた新たな眼差しについて考えたい。

場所:動物会館 レクチャーホール
※座学のため100名の受付可能


(2)「メダカ講座」【受付は終了しました】
“環境ホルモンとメダカ”(2月3日)、 “アジアのメダカたち”(2月4日)
日にち:平成30年2月3日(土)、平成30年2月4日(日)
概要:メダカはなぜ毎日卵を産み続けられるのでしょうか?また、メダカの生殖について専門の先生にお話を聞いてみたいと思いませんか?講師は岩松鷹司先生(愛知教育大学名誉教授)です。
場所:世界のメダカ館2階 メダカホール
※両日とも参加できる方のみ応募可能


(3)「絶滅危惧動物レクチャーツアー」【受付は終了しました】
日にち:平成30年2月10日(土)
概要:東山動植物園で飼育されている野生動物の多くが「絶滅危惧種」に指定されていることをご存知でしょうか。このレクチャーツアーでは希少動物についてのレクチャーを受けて動物の直面している厳しい現実を学び、園内の動物を巡りながら自然環境への理解を深めます。
場所:動物会館 レクチャーホール


(4)「里山の動物」【受付は終了しました】
日にち:平成30年2月11日(日)
概要:日本産動物を観察しながら、里山に暮らしている動物たちについて学びます。また、それらの動物たちを通して私たちの身近な自然や人との関わりについても考えます。
場所:ニホンザル舎


(5)「カメ・カエル博士」
日にち:平成30年2月12日(月祝)
概要:カメ・カエルの仲間は、著しくその生息数を減らしています。その生態を知り、飼育員のお話を聞き、自然環境への理解を深めます。
場所:世界のメダカ館2階 メダカホール



【開催時間】
午後2時 ~
※講座の時間は、1時間程度となります。


【対 象】
 高校生以上
※各回先着25名
※1/27の座学のみ100名まで受付可能


【場 所】
 各日程の場所に開催時間(14:00~)の10分ほど前に集合
※通知等はございません。当日、名前により受付しますので各自で開催場所に集まってください。


【参加費】
無 料(但し、入園料は掛かります)


【応募方法】
申込開始日時:平成30年1月11日(木) 午前9時~
申込方法:電話、FAXで下記連絡先へご連絡ください。


【記載事項】
参加希望講座名・参加者氏名・電話番号


【連絡先】
電話:052-782-2111(月曜日休み) FAX:052-782-2140


【応募締切】
応募締切日:開催日の前日まで 
※先着順のため定員になり次第終了いたしますので、ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。



関連記事

この記事「【募集】大人のための動物講座(1/11~)」に付いているタグ から関連する記事を6件表示しています。