東山動植物園 最新情報

鳥インフルエンザへの防疫対策の強化について

環境省による高病原性鳥インフルエンザ対応レベルが、平成30年1月17日(水)午後4時からレベル3に引き上げられました。
東山動植物園では、対応レベル2の段階からすでに予防対策を実施しておりますが、平成30年1月18日(木)より以下のように対策を強化いたしましたので、お知らせします。
施設の再開などの時期についてはまたお知らせさせていただきます。
みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

【施設の閉館等】
「小鳥とリスの森」および「バードホール」は閉館させていただきます。

【保安柵の設置】
 鳥類舎の間に一定の距離を確保するため、保安柵を設置させていただきます。

【各門での消毒】
正門、上池門、北園門、タワー門、植物園門、星が丘門の6門すべてに消毒マットを設置します。
入園の際には靴底の消毒にご協力ください。



関連記事

この記事「鳥インフルエンザへの防疫対策の強化について」に付いているタグ から関連する記事を6件表示しています。