東山動植物園 最新情報

東山動物園ガイドボランティア募集

東山動物園ガイドボランティア募集
(平成30年度 募集紹介)
動物たちにかわって、彼らのメッセージを
来園者の皆さんに伝えませんか!!

~東山動物園ではガイドボランティアとして、園内の飼育動物やその生息地のことなどを
よりわかりやすく来園者の皆さんに解説していただいています。~


▲スポットガイド (アミメキリン)


▲スポットガイド(自然動物館)


▲ツアーガイド 


▲クイズスタンプラリー(類人猿舎)


▲環境教育プログラム(コアラ) 


 ▲自作の大型紙芝居上演


▲どうぶつ折り紙ワークショップ


▲ガイドのための工作活動(ライオン模型の塗装)


○当ボランティア活動の経緯
平成4年度に発足し、来園される多くの方々へのガイド活動、また幼保育園学校関係の皆さんへのレクチャー(環境教育プログラム)をしています。

○活動内容
*班別活動を実施し、6つの班に分かれています。 

・スポットガイド・・・・(各動物舎の前で、その動物種について、標本や自作パネルやクイズ形式など、班でさまざまに考案して、より深く分かりやすく解説します。)
1班:①キリン・ダチョウ、②カンガルー、③クマ舎、④ホッキョクグマ、⑤エミュー、⑥ミニツアー
2班:①カバ、②類人猿、③クロサイ、④コビトカバ、⑤ミニツアー
3班:①ゾウ(アジア、アフリカ)、②ライオン、③ペンギン、④アメリカ大陸コーナー、⑤ミニツアー
4班:①小鳥とリスの森、②コアラ、③ホンドザル、④ツシマヤマネコ、⑤他日本産動物、⑥ミニツアー
5班:①メダカ館、②自然動物館(両生類、爬虫類、夜行性動物)

・ツアーガイド・・・・・・ (園内を歩きながら、動物園と複数の動物たちをご案内します。)
6班:①本園、②北園

他に・・・
・園内案内(トイレなどの位置、迷い子・落し物の取次ぎ)
・ボランティア自主イベント開催
 (a)動物クイズ&スタンプラリー:ガイドを主としてのスタンプラリー
 (b)紙芝居公演(ゾウ列車、ゴリラ)
 (c)動物折り紙ワークシップ  
・春まつり、秋まつり、慰霊祭、長寿動物を祝う会、正月行事などへの参加・サポート  
・主に幼保育園、小学生対象に環境教育プログラムの開講(1~5班)
・事前予約の団体来園者のガイド(6班)
・ボランティア情報誌「ガボラ」の発行(毎月)
・班長会議(毎月)
・ガボラ編集会議(毎月)
・各班の班会議(毎月)
・総会(年1回)

○活動日
・主として、土曜日、日曜日、祝日の午前10時~12時と午後1時~3時の両方またはいずれか。
・春・秋まつりの期間は午後に活動する日を加える。
・平日は定例化されていない。随時実施している(環境教育プログラム、事前受付団体の案内など)。 
                                         
○人員配置
・班毎に3ヶ月ごとに活動予定日を計画する。
・一人当たり、概ね1ヶ月に2~3回程度のガイド活動をしている(年間30回以上の活動)。      
・参加人数・・・ 日・祝日:8~10人 土曜日:5~6人 (日によって多少の違いあり)
・他に研修会、班会議など各種会議などあり。

○研修会(新規研修以外)
・3ヶ月ごとに全体研修会を実施。
・班別研修を随時実施。
・他動物園・水族館でのボランティア活動の見学研修(主にバスにて)を開催。

○被服など・・・帽子、名札、ユニフォームなどを貸与し、着用の義務。
(4~6月の研修期間を終えた方に貸与)

○保険・・・ガイドボランティア活動保険に加入(社会福祉法人 愛知県社会福祉協議会)。

※募集要項の配布場所:2/4~ 正門、動物会館、公園事務所、及びホームページからダウンロード
※お問い合わせ:名古屋市東山動物園ガイドボランティア募集係(052-782-2111代)


ファイルを開く

募集案内


ファイルを開く

申請書


関連記事

この記事「東山動物園ガイドボランティア募集」に付いているタグ から関連する記事を6件表示しています。